岩田剛典の映画(2018)Vision公開で舞台挨拶!あらすじや感想は

河瀬直美監督の最新作「Vision」が先週末から公開されています。三代目JSBの岩田剛典さん出演の2018年映画最新作です。主演女優のジュリエット・ビノシュさんから、「日本の息子」と呼ばれたようです。




「Vision」が公開、あらすじや感想

★★★

【一言でいうと】
フランスのエッセイスト・ジャンヌが奈良の佳乃を訪れ、山守の男(永瀬正敏)に出会い心通わせる物語です。岩田剛典さんは、この山守の男の助手のような役回りです。そして奇跡的な出会いが切ない感動を呼びます。

エグゼクティブプロデューサーとしてExileのHIROさんが参加しています。

森の撮り方がとても美しいです。雄大な自然を感じます。日が差し込む日本家屋なんかも素敵ですね。岩田さんも「美しい日本の映画です」と語っています。

岩田剛典2018映画Visionの舞台挨拶は

舞台挨拶はピカデリーなどで行われました。

親子と呼び合う二人。

岩田剛典2018映画Visionの役どころ、涙!

山守りの助手を務めることになる青年・鈴。撮影は奈良の山奥で暮らしながら行われたようです。主演のビノシュさんはフランス人ですが、劇中では英語で会話されています。

台本を読んで英語のせりふがあった時、どうしようと思った。アドリブでも返せるように努力した。包み込むような母性に助けていただき、目と目が合っただけで伝わるものがある。演者同士にしか分からないものかも知れませんけれど(映画では)それが切り取られる。微妙な表情が伝わればいいなと思う

とこぼされています。なかなか繊細で難しい関係のようですね。じっくり見たいです。

一方でビノシュさんは

何か、この人知っている…また、会えたなという気持ちが最初からした

と、まだ役が入っているかのような発言をされています。

私は、日本に息子がいるなんて思ってもみなかったけれど…何か日本に息子がいるような気になった

とのことで、岩田さんも「フランスのお母さんだと思っています」と返していました。

ポトフを食べるシーンでは、鈴の日常に入り込むあまり、自然に涙がながれたとか。台本にはない泣きだそうです。岩田さんの深い涙、みたいですね!

崖っぷちホテルとは全然違う彼の姿が見れそうですよ。




岩田剛典のプロフィール、インスタ、身長

岩田剛典さんのプロフをおさらいしておきましょう。

公式サイトより

別名 GUN,Boi twiggz
生誕 1989年3月6日(29歳)
出身地 愛知県
学歴 慶應義塾大学法学部
職業 ダンサー 俳優
身長  174cm
活動期間 2010年 –
レーベル rhythm zone
事務所 LDH JAPAN
共同作業者 三代目J Soul Brothers EXILE

2010年、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「Best Friend’s Girl」でデビュー。
2013年、舞台「あたっくNo.1」にて俳優活動を開始。
2014年4月27日 日本武道館にて開催された「EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION」FINALにてEXILE新パフォーマーに決定。現在EXILEと三代目 J Soul Brothersを兼任して活動中。
2016年6月4日公開映画「植物図鑑」で映画初主演が決定。
EXILE、三代目 J Soul Brothersのパフォーマー活動を中心に、俳優業、CM出演等、各方面で活躍中。

Visionを見た人の感想


やけどってどういうこと?




SNSフォローボタン

フォローする

関連記事👇

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする