大阪市営地下鉄がOsaka Metroに民営化!

現状大阪市営地下鉄が、民営化して”Osaka Metro”大阪メトロを名乗ることになった。ようやく民営化の波が大阪に。。

大阪市の吉村洋文市長は25日の記者会見で、市の100%出資で4月1日に民営化する市営地下鉄の新会社の愛称を「Osaka Metro」(オオサカメトロ)にしたと発表した。
ロゴは青色の背景に、白色で「Metro」の「M」を描いたデザイン。らせん状の字体で、走り続ける推進力を表したという。
2004年に民営化して発足した東京地下鉄の愛称「東京メトロ」と重なるイメージだが、吉村市長は「海外の主要都市の多くは『メトロ』を使っている」と説明。「分かりやすい表記で国際化を目指したい」としている。
(JiJi.com)

オオサカメトロの愛称に変わる市営地下鉄

現在は大阪市営地下鉄と呼ばれている。御堂筋線、谷町線、堺筋線などいくつか路線がある。東京メトロという名前がすでにあることから、やや安直ではないかと指摘されているが、市長は海外主要都市も「メトロ」と言われているのでそれでよいとの意向。

  • 大阪市100%出資で大阪市高速電気軌道会社を設立
  • ブランドコンセプトは「走り続ける、変わり続ける。」
  • さらなる国際化を視野にいれ、各国で標準のメトロを採用
  • 4/1から使われるロゴは下図

Osaka Metroのロゴ

大阪メトロ路線図

SNSフォローボタン

フォローする

関連記事👇

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする