西原博史 早稲田大学教授 中央道で事故死!高速道路で車外に出ていた

早稲田大学社会科学総合学術院教授の西原博史さん(59)が、中央道でトラックにはねられ、死亡する事故が起きました。昨夜22日の0時頃のことです。事故が起こったのは東京の三鷹市です。




22日午前0時10分ごろ、東京都三鷹市新川4丁目の中央道上り線で、早稲田大学社会科学総合学術院教授の西原博史さん=中野区鷺宮6丁目=がトラックにはねられた。西原さんは全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡した。西原さんは単独事故を起こした後、車外に出て走行車線上ではねられたという。

警視庁はトラックを運転していた運送会社員の高原充宏容疑者(50)=八王子市滝山町1丁目=を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕し、容疑を同致死に切り替えて調べている。「停止している車に気を取られた」と述べているという。

高速隊によると、現場は片側2車線。西原さんは約10分前、乗用車で中央分離帯に衝突する単独事故を起こし、追い越し車線に停止。事故を通報した後続車の男性とともに中央分離帯に避難していたが、何らかの理由で走行車線まで出たという。

西原さんは憲法学が専門で、思想・良心の自由に関する論考を多数発表。教育現場での「君が代」斉唱問題などについても積極的に発言してきた。著書に「良心の自由と子どもたち」など。父親は刑法学者の西原春夫・元早大総長。

朝日新聞ニュースより

西原博史 早稲田大学教授 中央道で停車していたところトラックにはねられて死亡

    • 西原教授はその10分前、中央分離帯に乗り上げる単独事故を起こしていた
    • 追い越し車線上にいたが、中央分離帯上に避難していた
    • その後、何らかの理由で、走行車線上に出ていた時にはねられた
    • 西原氏は病院に搬送されたが、全身を強く打ち死亡
    • トラックを運転していたのは、運送会社の高原充宏容疑者(50)
    • トラックの運転手高原容疑者は、過失運転致死で逮捕
    • 高原容疑者は停車している車に気を取られていた

トラックにはねられる前に自身で分離帯に衝突していたのですね。路肩に移動しようとしたのでしょうか。生身で高速道路上を移動するのはとても危険です。憲法学がご専門の先生で、精力的に活動されていたのにとても残念です。




西原博史教授は君が代問題や防犯(監視)カメラなどについて広く議題提起

西原教授はfacebookやTwitterもされていました。

西原教授のFacebook

講演や執筆活動も精力的にされています。
出版物も多数。

  

SNSフォローボタン

フォローする

関連記事👇

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする