アースクエイク・バードに小林直己が出演!英語力動画やあらすじは

EXILE兼三代目の小林直己さんがオーディションでハリウッド出演を勝ち取ったとこのニュースが入ってきました!作品はエイリアンで知られる巨匠リドリー・スコット監督の「アースクエイク・バード」。作品のストーリーや小林さんの役どころはどうなっているのでしょうか。ネタバレしながらキャストやあらすじを探っていきます。




アースクエイク・バードで小林直己がハリウッドデビュー


おめでとうございます!

小林さんが見事オーディションで勝ち取ったのは、リドリー・スコットが製作総指揮を務めるNetflixオリジナル映画「アースクエイク・バード(原題)」という作品で、イギリス人作家のスザンナ・ジョーンズによるミステリー小説を原作としたサスペンス映画です。

東京を舞台に、行方不明になった日本在住の女性・リリーとその友人のルーシー、2人と三角関係を結ぶミステリアスなカメラマン・禎司の愛憎が描かれるとのことです!

ルーシーとリリーで両手に花ということでしょうか。二人の女性を翻弄する役とのことで、悪い男かもしれません!主役に次ぐ重要な役どころですね。

小林さんになった決め手は、”ミステリアスで繊細、つ鋭い雰囲気が制作陣の求める禎司像にぴったり”だと評価されたからだとか。

3年前から英会話を勉強して、全力でオーディションに臨んだそうですよ。

まだ制作発表の段階で、撮影は今月から東京、新潟(佐渡)などで行われるそうです。日本が舞台のハリウッド映画、久しぶりです。楽しみですね!

彼のほか、佐久間良子さんや、Crystal Kayさんといった日本人俳優がほかにも登場します。

喜びの声が多数あがっています。

小林直己の英語力は?英語スピーチ動画有!

昨年公開された「たたら侍」に2番手役で出演されており、サムライ物だけに海外展開が重要視されています。このため、数年前から語学学校に通っていたそうです。音楽グループでの活動もしながら相当な努力をされたんですね。

この作品とオーディションでのパフォーマンスが評価されて役を勝ち取ったのでしょう。

その英語力はどれほどかというと、通訳ができるレベル!すごくないですか?普通に喋れても通訳レベルまでいけないですよ。映画祭でもスピーチをして、現地で拍手喝さいが起きるほどです。

1:50くらいから小林さんのスピーチがあります。

確かに流暢ですね!

アースクエイク・バードのあらすじやキャストは?

原作 イギリス人作家スザンヌ・ジョーンズによる同名小説

故郷イギリスを捨て、日本に住んで10年になるルーシー・フライが主人公。渋谷で翻訳の仕事をしているルーシーは、日本人カメラマンの禎司と交際しているが、あるとき知り合いのイギリス人女性リリー・ブリッジズと思われる死体が東京湾で発見され、ルーシーは殺害の容疑者となる(eiga.comより)/blockquote>

というストーリーだそうです。

主人公ルーシー アリシア・ヴィキャンデル

リリー ライリー・キーオ(『マジック・マイク』『ローガン・ラッキー』など)

Riley Keoughさん(@rileykeough)がシェアした投稿

このほか日本人スタッフとして、

美術監督 種田陽平(『思い出のマーニー』)
衣装デザイナー 小川久美子
ヘアメイク 吉原若菜
キャスティングディレクター 奈良橋陽子

などと多くの方がかかわっています。

現在原作本の日本語版は絶版中のようです。。。しかしこの発表でじきに再販されるでしょう。発売されたら買いますよ!




SNSフォローボタン

フォローする

関連記事👇

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする