船戸雄大・優里が船戸結愛を目黒で虐待死、顔画像は?児童相談所の指導

またしても児童虐待です。養女の船戸結愛ちゃんに暴行し、虐待死させたとして、父親の船戸雄大容疑者が逮捕されました。結愛ちゃんは実の娘ではなく、妻の連れ子だったようです。人はひどいことができるんですね。。。本人と救急隊員の通報により発覚しています。香川県の児童相談所に指導されていましたが、その後解除されていたとのことです。




5歳の長女に暴行してけがを負わせたとして、警視庁は3日、傷害容疑で、東京都目黒区東が丘の無職、船戸雄大容疑者(33)を逮捕した。長女は2日、心肺停止の状態で病院に搬送され、死亡が確認された。同庁は傷害致死容疑を視野に、遺体を司法解剖するなどして詳しい死因を調べる。

逮捕容疑は2月末ごろ、目黒区東が丘の自宅アパートで、長女の結愛ちゃんの顔を拳で殴るなどの暴行を加え、けがを負わせたとしている。

2日午後6時ごろ、「娘が数日前から食事をとらず嘔吐(おうと)し、心臓が止まっているようだ」と船戸容疑者から119番通報があった。駆けつけた救急隊員が結愛ちゃんの体のあざに気づき、警視庁に通報。碑文谷署が船戸容疑者と妻(25)に事情を聴いたところ、船戸容疑者が「言うことを聞かないことがあり、数日前に風呂場に連れて行き、顔面を複数回殴った」と暴行を認めた。

船戸容疑者は妻と結愛ちゃん、1歳の長男の4人暮らし。結愛ちゃんは船戸容疑者の実子ではなかった。

産経ニュース

船戸雄大容疑者のプロフィール 顔画像は?


名前:船戸雄大(ふなと・ゆうだい)
年齢:33才
住所:東京都目黒区東が丘1丁目
職業:無職

犯行があったのは目黒区の自宅ということで、最寄は東急田園都市線の駒沢大学駅のようです。比較的裕福な人たちが住む住宅街だと思うのですが、容疑者は無職です。いわゆるヒモですかね。

ヒモが養ってくれている女性の娘を殺すなんて・・・。どうしてこんなダメな男につかまってしまうのでしょうか。妻25歳とのことですが、はいわゆるダメンズウォーカーの女性でしょうか。子どもたちのために、人としてまっとうな人生を送るために、もっと強くあってほしいです。さみしいからとか、不安だからといってダメな男に付け込ませないで。

船戸結愛ちゃん虐待の経緯

  • 2月末、自宅の風呂で殴る蹴るなどの暴行
  • 妻が結愛ちゃんが呼吸をしていないことに気づく
  • 数日後、「娘が数日前から食事をとらず嘔吐(おうと)し、心臓が止まっているようだ」と119通報
  • 救急隊員が虐待の傷跡に気づき警察に通報
  • 事情聴取で暴行を認めた
  • 香川県の児童相談所から指導を受けていた

ひどい。白々しく食事をしないなどと通報しているところがまた許せません。2人の間には1歳の長男もいたとのことです。どうしてそんなひどいことができるんですか。以前の住まいである香川県では、虐待が児相にばれて指導を受けていたのに、改善しなかったんですね。虐待するくらいなら手放してあげてほしいです。指導から逃げて引っ越してきたのでしょうか。

目黒区ではアパートに住んでいたとのことですから、鳴き声を出せば近所にもきこえるでしょう。どうにもならなかったんでしょうか。親族は「そんな怖いことをする子には見えなかった」などと話しています。

船戸結愛(ゆあ)ちゃんのメモ

もうパパとママにいわれなくてもしっかりとじぶんからきょうよりもっともっとあしたはできるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします

 ほんとうにもうおなじことはしません ゆるして きのうぜんぜんできてなかったこと これまでまいにちやってきたことをなおします

 これまでどれだけあほみたいにあそんでいたか あそぶってあほみたいなことやめるので もうぜったいぜったいやらないからね ぜったいぜったいやくそくします

こんなにもゆるしを請う必要などなかったはずです。
言葉も出ません。。。

児童相談所は保護できなかったのか

船戸家はすでに児相に指導を受けていたようです。

  • 2016、17年と二度にわたりゆあちゃんは一時保護
  • 保護解除後の2017年8月に再度虐待であざが発見された
  • 上記の後、香川県は保護の必要なしと判断
  • 2017年2月、品川児相が目黒の新居を訪問するも会えず

どうして県は保護不要と判断してしまったのでしょうか。2月に品川児相が会えなかった時点ではもう衰弱しきっていて親が隠したのかもしれません。この時に無理にでも立ち入ることができていれば一命はとりとめたかも・・・。

6月6日、両親は保護責任者遺棄致死で逮捕されていますが、これは殺人ではないのでしょうか。もっと警察に頑張ってほしいです。




SNSフォローボタン

フォローする

関連記事👇

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする