ロッテアライリゾートで遭難事故!滋賀の医師親子発見、コース外れ凍死

草津白根山の噴火に引き続き、新潟のロッテアイランドリゾート(アライマウンテン、旧アライスキー場)でも死亡事故です。凍死と見られています。1/24の(水)スキー中に道に迷い、翌日午後凍死体で発見されました。




 1/24の(水)スキー中に道に迷のロッテアライリゾートでスキー滑走中に遭難していた滋賀県大津市の医師、猪飼剛さん(68)と滋賀県草津市の医療事務、猪飼智さん(40)の親子が2018年1月25日午後2時45分頃、遺体で発見された。

妙高警察署によると2人は24日午後、スキー滑走中、道に迷ったため、スキー場へ連絡。パトロール隊が捜索したが発見できなかったため、スキー場が同1時40分頃、同署に通報した。天候が悪く視界不良で捜索ができなかったことから同署は同日午後5時頃、携帯電話で2人の位置情報を確認した上で、その場で穴を掘ってビバークするよう指示していた。その後、この電話を最後に2人と連絡が取れなくなっていたという。
警察や消防など30人が25日午前7時頃から捜索を開始し同日午後2時45分頃、同スキー場で一番上にある山頂付近に向かうリフトの乗り場から約500m西の沢で2人の遺体を発見した。前日に携帯電話の位置情報で確認した場所だった。

現場は悪天候が続いているため、同署は26日午前6時30分から再度現場に入り、2人の遺体を収容する予定。

上越タウンジャーナル

妙高市のロッテアイランドリゾートで遭難

  • 1/24の(水)スキー中に道に迷う
  • 猪飼剛(68)、猪飼智さん(40)親子
  • 24日午後、携帯で助けを求める
  • パトロール隊は捜索するも発見できず
  • 同日午後1:40分、警察に通報するも天候により捜索できず
  • PM5時頃、携帯でその場で穴掘り野営(ビバーク)するよう指示
  • 翌日朝から捜索を開始
  • 25日午後、山頂に向かうリフト乗り場から500m離れた沢で遺体発見
  • 前日に携帯電話の位置情報で確認した場所だった
  • 「いつの間にかコースから外れ、道に迷った」

最後に連絡が取れたのが、24日の午後5時ごろ、遺体で発見されたのは25日午後3時近くです。24時間雪のなかで生存は難しいということですね…。野営はどのような状態だったのでしょうか。そしてリフト乗り場から500m離れたところというのは、オフピステでしょうか。リフト下はよく滑走禁止となっていますがスキー場エリアないで道に迷うというのはなくはないですが気になるところです。「いつの間にか道に迷った」、さらに息子さんのほうは、「立ち木にぶつかってけがをした」とのこと。視界がわるくてコース外に迷い込んでしまったのでしょうか。立ち木もよけられないようなコンディションだったのかもしれません。

そしてさらに、GPSで確認された場所から動いていないのに発見されなかったということ。悪天候だと場所がわかっていても発見できないんですね。本当に、山は怖いです。多少腕に自信があっても無理してはいけません。天候が悪いとき、体調が悪いときは無理せず休みましょう。



猪飼剛さん親子の凍死体が発見された西の沢とは?

山頂へ向かうリフトというと、下図右のほうに見える膳棚リフトでしょうか。その西の沢というと、「船石沢」と書かれているあたりでしょうか。雪崩管理ゾーンとなっていますね。スキー場管理エリアではありますが、コース外と思われます。

ロッテアイランドリゾート リフト

猪飼剛さんは滋賀医師会の会長も務めていたということです。
ロッテアイランドリゾートのスキー場はこの12月にオープンしたばかりで、アジア有数のプレミアムマウンテンリゾートということで売り出していました。

遭難対策は十分だったのでしょうか。リゾートということはハードスキーヤーは少ないかもしれません。初心者でも迷い込みにくいようなはっきりした標識などあるのかどうか気になるところです。

🔻こちらの記事も読まれています🔻

新潟の親子遭難事故の捜索行方が気になるところですが、なぜ見つからないのでしょうか。迷った時の行動にも原因があるかもしれません。山へ行くにあた...
噴火警戒が上がっている蔵王ふもとのスキー場で、スノーボーダーが行方不明になっていましたが、本日午前8時前に発見されました。なおスキー場は噴火...
5/3に山開きしたばかりの五頭連峰で、遭難事故が発生し、現在も警察が捜索を行っています。行方不明になっているのは渋谷さん親子で、6歳の男の子...




SNSフォローボタン

フォローする

関連記事👇

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする