栄希和がパワハラ・えこひいき騒動をはねのけて勝利!栄和仁監督の娘の顔画像は?

栄和仁監督が伊調馨さんにパワハラを行っていたとする騒動の中、監督の娘である栄希和さんがえこひいきで選抜されたとの話まで出て、一時は出場辞退までしようとしていた希和さんですが、この局面で決死の勝利をおさめました!

女子で五輪4連覇を成し遂げた伊調馨(33)=ALSOK=が日本協会の栄和人強化本部長(57)からパワーハラスメントを繰り返し受けたとする告発状が内閣府に出された問題が発覚後、初めて国内でトップレベルの大会が開かれた。栄強化本部長が体調不良で不在の中、予選リーグが行われ、初戦のスウェーデン戦では長女で65キロ級代表の栄希和(24)=ジェイテクト=が4-2で逆転勝ちした。日本はこの日3戦全勝でA組1位となり、4連覇に王手。18日は優勝決定戦でB組1位の中国と対戦する。

人生最大の重圧から解放されると、涙があふれて止まらなかった。栄は序盤「頭が真っ白だった」と、緊張で動きが硬くなり、先に2ポイントを奪われた。第1ピリオド終了間際に追いつくと、第2ピリオドに4-2と逆転。そのままリードを守り切ると感極まって顔を押さえた。

この勝利の後、

「今までにない状況の中で勝てたことは自信になる。心細い気持ちもあったが、父がいない中でも父に教わったレスリングができたと報告したい」

と語っています。本当に大変でしたね。おめでとうございます!

至学館大学・谷岡郁子学長はパワハラ騒動にえこひいきで怒っていた?

パワハラ騒動に抗議する形で開かれた谷岡学長の会見によりますと、

栄監督の娘である栄希和選手がえこひいきで女子ワールドカップ(W杯)に出る

などと一部で報じられていたようです。ひどい言われようですね。

一週間前には練習拠点である至学館大・谷岡郁子学長に「私は(代表を)辞退した方がいいですか」と相談するほど追い詰められた。

実際のところはどうなのでしょうか。

栄希和の経歴、顔画像、facebookは?

学長会見の前日、3/14はお誕生日だったようです。

出生 兵庫県神戸市
出身 愛知県大府市出身
学歴 至学館大学健康科学部健康スポーツ科卒
レスリング歴 大府北中学2年の時から
父 レスリング日本協会強化本部長で至学館大学レスリング部監督の栄和人
母 1992年女子世界選手権57kg級金メダリストの坂本涼子
両親が離婚してからは、母側の坂本姓を名乗っていたが、至学館大学への入学を機に父側の栄姓に変更している

大学卒後 2016年から、ジェイテクト(株)に所属

2013年3月 – ワールドカップ団体戦 3位
2013年6月 – アジアジュニア選手権59kg級 3位
2014年4月 – ジュニアクイーンズカップ63kg級 優勝
2014年6月 – 全日本学生選手権63kg級 優勝
2014年8月 – 世界ジュニア選手権63kg級 3位
2014年12月 – 全日本選手権60kg級 優勝
2015年6月 – 全日本選抜選手権60kg級 優勝
2016年6月 – 全日本選抜選手権63kg級 優勝

輝かしい戦績をお持ちですね。えこひいきなどといわれるのが不思議なくらいです。

栄 希和 facebook

こちらの記事も読まれています
https://yama-mori.info/sakae-yoshida/




SNSフォローボタン

フォローする

関連記事👇

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする