長谷川博己は演技下手?「麒麟がくる」主演、舞台/映画出演や結婚歴は?

は来年の大河ドラマのタイトルが「麒麟がくる」に決定し、主演を俳優の長谷川博己さんが務めることが発表されました!戦国武将の明智光秀役です!高身長でかっこいいと、評判の長谷川さんですが、一部で演技下手との声も上がっています。経歴や出演作品などを見てみましょう。




長谷川博己は身長182cm!ブログ、舞台や映画歴は?

生年月日 1977年3月7日(41歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 182 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 舞台・映画・テレビドラマ
活動期間 2001年 –
活動内容 2001-2006年:文学座研究所に所属
著名な家族 長谷川堯(父)
所属劇団 文学座(2004年 – 2006年)
事務所 ヒラタオフィス

オフィシャルサイトはこちら(所属のヒラタオフィス)

舞台に多数出演!

『海辺のカフカ』演出:蜷川幸雄(2012年)
『黴菌』作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ(2010年)
『ヘンリー六世』演出:蜷川幸雄(2010年)
『冬物語』演出:蜷川幸雄(2009年)
『コースト・オブ・ユートピア』演出:蜷川幸雄(2009年)
『から騒ぎ』演出:蜷川幸雄(2008年)
『AOI/KOMACHI』演出:川村毅(2007年)
『カリギュラ』演出:蜷川幸雄(2007年)
『トーチソングトリロジー』演出:鈴木勝秀(2006年)
『BENT』演出:ロバート・アラン・アッカーマン(2002年)

映画はやっぱりシン・ゴジラのイメージが強い?
『シン・ゴジラ』監督:庵野秀明 (2016年)
『二重生活』監督:岸善幸 (2016年)
『この国の空』監督:荒井晴彦(2015年)
劇場版『MOZU』監督:羽住英一郎(2015年)
『ラブ&ピース』監督:園子温(2015年)
『進撃の巨人』前後篇2部作 監督:樋口真嗣(2015年)
『海月姫』監督:川村泰祐(2014年)
周防正行監督作品『舞妓はレディ』(2014年)
『地獄でなぜ悪い』平田鈍役 監督:園子温(2013年)
『鈴木先生』主演 鈴木章役 監督:河合勇人(2013年)
『セカンドバージン』鈴木行役 監督:黒崎博(2011年)




大河ドラマ「麒麟がくる」発表にTwitterの反応

ネットでは期待の声が広がっています。

長谷川博己さんの妻は鈴木京香?結婚歴

長谷川さんは41歳ですがまだ独身のようです。
しかし、鈴木京香さんとはもうじきゴールインするのでは?と噂になっています。
2010年にNHKのセカンドバージンで共演して以来、大物カップルとしてたびたび話題に上がっています。一時は長谷川さんはもう役者は無理だというくらい悩んでいた時期もあったようなので、格差カップルといわれていましたが、ここまで売れてくるともうこれは当てはまりませんね。

「長谷川さんは昨年、同棲中にもかかわらず、単身用のマンションを借りたんです。親しい仕事の関係者には『2人の交際を続けるために、あの部屋で1人になる時間が必要なんだ』と漏らしていたそうで、結婚には向いていない性格だということをほのめかしているかのようです。他に女性の影はないようですが、なじみの店で“一人酒”しては鈴木の待つマンションではなく、自分の部屋に帰る日も珍しくないといいます」(ドラマ関係者)Asagei+より引用

長谷川さんのほうが煮え切らないといった様子です。このままさらに忙しくなるでしょうから、破局もありうる・・?

長谷川博己の演技が下手すぎる?「小さな巨人」

2017年のTBSドラマで長谷川博己さんが主演を務められましたが、一部で下手?との声が上がっています。

口コミを集約すると、

  • 演技が大げさ
  • 演技やりすぎ
  • 演技が熱い
  • ということのようです。

    しかし、これは長谷川さんだけではなく、このドラマの一部の共演者にも当てはまるようです。つまり、このドラマの演出方針がそうなのではないでしょうか。

    大河では違う味を出してほしいですね!




    SNSフォローボタン

    フォローする

    関連記事👇

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする