石破茂に猫が反応!あの目つきで興奮する理由はなぜ?経歴やwiki風プロフィール!証拠画像や動画も

石破茂衆議院議員というと、総理に近いとか、目つきが悪いとか、魔人ブウのコスプレとかいろんな話題がありますが、なぜか猫に好かれるという話をご存知でしょうか。猫が石破さんを見るや興奮して、マタタビ効果ともいわれています。防衛大臣、農林水産大臣、政務調査会長など要職を歴任した彼の意外な顔がみられます。
「生き物にサンキュー!」で本人協力の検証実験をおこなったところ、本当に猫が寄ってきました!TVを通して、声を聞きつけてやってくるようです。いったいなぜなのでしょうか。この機会に石破さんのの経歴も調べてみました。





石破茂のプロフィール、経歴は

まずは手堅く経歴を簡単に上げておきます。

生年月日 昭和32年2月4日生 現在61歳
出身地 鳥取県八頭郡八頭町(旧郡家町)
昭和54年3月 慶應義塾大学法学部卒業
昭和54年4月 株式会社三井銀行入行
昭和61年7月 衆議院議員当選(第38回総選挙)
平成19年9月 防衛大臣(20年8月まで)
平成20年9月 農林水産大臣
平成21年9月 自由民主党 政務調査会長(23年9月まで)
平成24年9月 自由民主党 幹事長(26年9月まで)
平成26年9月 国務大臣 地方創生・国家戦略特別区域担当(28年8月まで)

オフィシャルサイトはこちら(写真をクリックすると飛びます)

石破茂は猫好きなのか?なぜ猫が寄ってくるのか?!

オフィシャルブログで、保護猫カフェを訪問したことを明らかにされています。
AERAの取材だったとはいえ、スーツで猫接待・・・。好きじゃないとできませんね!

やっぱりあの独特の目でしょうか。。。?

映像越しでもマタタビ効果?

本人は、

「別にえさやまたたびを持っていったわけではありません。ネコから勝手に寄ってきて、好いてくれたようです。なんの心当たりもないんですよ」

猫が有権者だったらなあ

などとと話しています。

ことの発端は、彼がTV出演していたところ、複数の視聴者宅でTV付近にいた猫が興奮し、それがTwitterで報告されたこと。

ネットの声が都市伝説となり、なんと学者が彼の声の周波数を分析までしたようです。しかし、石破茂氏は、猫を飼っていません。
彼が少年だった頃に野良猫を拾って何度も家に持って帰ったのですが、親が飼わせてくれなかった層です。

しかし、2000~2002年ごろに事件は起こります。
鳥取の自宅前で、怪我をした猫が自宅前でうずくまっていたのを妻子が発見します。すぐに獣医の元へ運び、しばらく石破家で面倒をみて、快方に向かったところで、一緒に暮らそうかと考えたそうですが、いつも自宅に家族がいるわけでもなく、議員宿舎では動物を飼ってはいけないという規則があったので断念したそうです。引き取ってくれる人を探し、お別れに「にゃん太」と名付けたとのこと!

これは、あれですね。

NNN(ねこネコネットワーク)に目をつけられたというやつです!

「NNNとは、猫好きの人間に猫(おもに野良猫)を派遣し、飼い猫として幸せに暮らさせるため暗躍している謎の組織である。優良物件(飼い主候補)として認められた人間は最高のタイミングで猫に遭遇して飼い主となる。その猫が死んだ場合や、飼い主が多頭飼いしたいと思い始めた矢先、また新しい猫が偶然を装って派遣されてくる」
mimot.より

そう、猫たちの間にはなぜか猫好きや保護してくれる人間を探知する機能や情報網が備わっており、一度保護をしようものなら、その後もずっと猫とかかわらずに人生を送れないというあの驚異のやつです!!

傷ついた猫を助けるやさしさが猫たちにつたわってるんですかね(=^・^=)?
しかしブラウン管を通じても彼のことが伝わっているのがびっくりです!指名手配級!




動物学者によると一定の周波数の声が猫を引き寄せるのではとのことですが、この周波数に反応する個体とそうでない個体がいるようです。ま、それはそうですよね。

👇こちらの記事も読まれています👇

犬のしつけ教室で高い評価を得るドッグトレーナーの藤井聡さんが「ソレなら5分で出来ますよ」に登場します。ペットボトルで無駄吠えを止めれるとのこ...




SNSフォローボタン

フォローする

関連記事👇

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする