高橋宏明・日大アメフト部次期監督候補の経歴や顔画像は?井ノ口コーチが対抗?

日大アメフト部の人事ですが、内田監督退任、森琢コーチも資格はく奪ということで、いまだ監督不在の状況です。田中理事長の配下の人から後任が出る可能性もありますが高橋宏明前々監督が再任の話が上がっています。経歴や人物に迫ってみましょう。




高橋宏明前々監督の経歴や顔画像

Huddle Magazine(2年前)

1987年 日本大学卒
ポジション ラインマン(篠竹体制)
職歴 日大理学部職員 篠竹幹夫フェニックスでコーチ、助監督
現職 日大高校アメフト部監督

選手時代から故篠竹幹夫元監督の薫陶を受けた方です。87年卒業ということで、年齢は50代前半と思われます。

助監督から昇格する形で就任した2016年には、

日大という看板を背負うプレッシャーは、コーチ時代から感じていた。でも、監督になって初めて見えてくることもある。それは、この数か月で身に染みて実感している

試合になれば結果が問われるが、それ以前にフェニックスの精神を踏まえて練習に取り組むように学生には常日頃から言っている

最終的な目標は、篠竹さんが掲げていた『打倒アメリカ』。スケールの大きいチームを作りたい

と語っています。まじめな印象を受けますね。しかし、せっかく意気込んでいるのに、1年で監督を後退しています。

高橋宏明前々監督はなぜ退任したのか

高橋宏明氏は、内田氏の以前に監督を務めていた人で、その前はまた内田監督でしたのでサンドイッチ交代した履歴があります。

2003~2015年 内田氏
2016~2017年 高橋氏
2017~2018年 内田氏

ということですね。どうにも不可解な交代です。なぜ高橋氏は短期で交代したのでしょうか。

関係者によると、高橋氏は

本当に熱心に指導し、誠実

人だということで、当時の選手からも評判が良いようです。今回切られた内田派とは正反対で森元ヘッドコーチなどは『あの人は強くものを言うこともできないんだ』と、見下すような発言をしています。

しかし今の日大に必要なのはそういう心優しい方ではないでしょうか。

だからこそ、田中理事長に意見し、逆鱗にふれて職を解かれたのではないか、内田氏の差し金との噂が流れています。

また、この内田-高橋体制のあいだもコーチ陣はあまり変わっていないようで、井上・森コーチも在任していました。

田中理事長の懐刀井ノ口氏も候補に?

この白の候補高橋宏明氏のほか、黒の対抗馬といわれるのが井ノ口忠男氏です。

かつて日大フェニックスの主将を務め、以前コーチも務めていました。田中英寿理事長とも親しい関係にあり、理事の職に就いています。組織腐敗の一端を担っているともいわれ、カネと暴力に関する黒いうわさが絶えません。

もしこの人が監督になったら何も変わらないどころか悪化する可能性がありますね・・・。

井ノ口氏のお姉さんが田中優子夫人と親しいようです。芦屋に豪邸もお持ちとか。井上コーチの家族にも便宜を図っているようです。

息子の井ノ口悠剛氏はまだフェニックスのコーチを務めています。




🔻👇こちらの記事も読まれています👇🔻
https://yama-mori.info/mori-taku/

日大の宮川泰介選手の会見を受けて、井上奨コーチは辞任を表明しました。しかし指示した意図についてはいまだに否定し、内田監督に至ってはプレイを見...
日大監督や、経営側の姿勢が問われる事態が起きています。宮川選手の勇気ある会見を見てもなお、理事や学長は顔も見せません。田中英寿(英壽)理事長...
日大学長大塚吉兵衛氏の会見が行われていますが、大変歯切れが悪く、意図が見えにくい会見です。加害選手の気持ちを考えると、憤りさえ感じてきました...
日大学長大塚吉兵衛氏の会見自体はとても残念な内容でしたが、その一方で新ヒーローが誕生しました。72歳の江戸っ子女性とのことで、ネットではプロ...
SNSフォローボタン

フォローする

関連記事👇

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする