白坂亜紀さんの若いころの画像や夫・子供は?銀座ママの本や講演会も

銀座で高級クラブを営むママ・白坂亜紀(51)さんがNHKプロフェッショナルで特集されます。男たちを魅了する女性の魅力や、お客様へのおもてなしの技に注目です。現在も美人ですが若いころの画像が気になりますね。旦那さんやお子さんやいるのでしょうか。プロフィールを探ってみます。




白坂亜紀の経歴は?若い時の顔画像もあり

生まれ:1966年(51歳)
実家:滝廉太郎記念館
学歴:早稲田大学文学部日本文学専修
在学中に日本橋のクラブで勤務をはじめ、女子大生ママに
お店:「稲葉」5丁目、7丁目店、「Bar66」、「日本料理 穂の花」(旧銀座きくち)
趣味:シャンソンを歌う 謡曲 三味線 他
スポーツ:ゴルフ テニス
家族:夫と娘2人

お金に困ったり、小遣い稼ぎで夜のバイトを始める若い女性は少なくないですが、この方は早稲田まで行かれて、ほかにできることもありそうですが、この道を選んで成功されてきたんですね。

実家が滝廉太郎記念館とありますが、これはいったいどういうことかといいますと、白坂さんが子どものころ住んでいた家に、かつては瀧廉太郎が暮らしていたということで、記念館としてリニューアルされているんですね。大分県竹田市が管理しているようですね。

お若いころはこんな感じ。ちょっと田中美佐子さんみたいな雰囲気じゃないですか。

出典:AKINAI policy

お店を開いた20代のころの写真でしょうか。かわいらしい感じですね。

出典:AKINAI policy

白坂亜紀さんの講演会や著書、なでしこの会

多店舗経営されていて、有志の会も主宰、講演多数、著書もありと、かなりやり手の経営者といった感じです。それだけに、2店舗開業するとなったとき、男性のお客様が離れて行ってしまったとか。。。

ビジネスの世界に手を出すなら女の子としては扱えないということでしょうか。
男心も、女性のビジネスバランスも難しいです。働く女性としては彼女から学べることがたくさんありそうです。

特に生き方を模索する女性の方、一度お会いしてみたい!と思ったら、講演を聴きに行ってみるのがよさそうです。

京都造形芸術大学東京学舎の講座では、

生き方を模索する女性のための 銀座のママに学ぶ人間力、ビジネス力、女子力

などといったテーマで、教壇に立っておられるようです。

直近の後援会の予定は見当たりませんが、白坂さんが主宰する女性経営者の集まり「銀座なでしこ会」ではオープンなランチ会も行っているようです。

白坂代表とご一緒に美味しく、楽しくおしゃべりいたしましょう。
毎回数日で満席になりますので、ご興味のある方はお早目にお申込みください。
日時:4月20日(金)11時半から
場所: 銀座 穂の花
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13134900/
会費  会員:3500円
一般:5000円
定員:12名

https://mailform.mface.jp/frms/nadeshiko/zwuc6179ht1h

志ある女性の会ということで、気になりますね。興味のある方は問い合わせてみてください。

白坂亜紀さんが心得を語る書籍

そこまでは、という方には彼女のエッセンスが詰まった本が出版されています。読者の評価も高いので読んでみたいですね!

“早稲田大学在学中に女子大生ママとなり、
銀座に4店舗を経営する銀座カリスマ・ママが
すべてを打ち明ける!
情報収集、業務提携、人材探し、顧客紹介・・・
銀座のクラブは「第二秘書室」だ。”

“銀座のママが銀座の超一流ママに成功の極意をインタビューするという初めての試み。同業者だからこそ聞ける本音が満載!”




SNSフォローボタン

フォローする

関連記事👇

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする