どうして鹿は増えたのか

以前は減りすぎていた

鹿、かわいいです。公園にいたらなでるし餌もやります。でも・・・でもです。
食われる樹木だってかわいそうです。アヤメの花見たかったです。食われる前に保護してあげたかったです。美しい高山植物に覆われたアルプスが失われるのも嫌です。大切に育てた木や農産物をだめにされる林農家の方々だって気の毒です。

そもそもどうしてこんなに増えすぎてしまったのでしょうか。奈良公園は別ですよ。あれはあえて増やしてるといってもいいでしょう。神の使いとして大切にされているそうです。角も切り落とされて安全です。でも毎年生えてきます。
野生生物の個体数を増減させる大きな要素は、生息環境捕食者狩猟者です。

戦時中、食料が著しく不足していた時代、人は野生動物を獲って食用していたようです。鹿など飽食の今でも食されますから、美味な部類だったでしょう。その結果、シカ、カワウソ、ヤマネコ、ニホンザルまでもが絶滅の危機に瀕することになりました。降伏後、GHQの保護政策担当博士が野生動物が激減していることに気づき、政府に保護を勧告しました。これで狩猟は止まることになります。一部すでに遅すぎ、カワウソは絶滅し、ツシマヤマネコもその危機に瀕しています。次に環境要素です。

林業の変化が野生動物の生息環境を変えた

戦後、復興のため、大量の木材が必要になります。国を挙げて、拡大造林政策が推進されました。もともと自然に生えていた広葉樹を伐って、その跡地に成長が早く、木材として需要の高いスギやヒノキを植えるというものです。日差しをさえぎる広葉樹が伐られたあとは、草や低木が生えやすくなり、シカなどにとって絶好のえさ場となります。

しかしながら、燃料革命により里山は放置されるようになり、人が山林に立ち入らなくなり、狩猟者も高齢化して減少しました。森の中の捕食者であったオオカミがいれば、シカにとってここまで住みやすい環境ではなかったのですが、オオカミなき後、捕食者は人だけになりました。ところが牛肉などが欧米から入ってきて、鹿肉への需要がへり、天敵のいなくなった鹿は林野を闊歩し放題です。2歳から毎年出産する繁殖力をもって二次曲線的に増えているというわけです。

絶滅したニホンオオカミの代わりに、海外のオオカミを連れてきて鹿のいる山林に放とうという議論をしている人たちもいます。外来種は私たちの図り及ばない問題を引き起こしてきているので、冷静になっていきたいところです。それよりも、犬をつかって鹿の生息範囲をコントロールしようという試みもあるようです。森林動物センターなる機関で資料も公開されています。

また、林業(木材の製造)には皮むきという作業も不可欠で、これがかなりの重労働なのです。これを鹿を使って何とかできないものでしょうか。伐採したい木のところに鹿を連れてきてフェンスで囲むとか。。。

SNSフォローボタン

フォローする

関連記事👇

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする