三枝俊介のチョコレートは店舗パレドオールと通販で買える?値段や経歴は

“Bean to Bar”といういわれる豆から製品までこだわるチョコレートづくりの先駆者三枝俊介さんがNHKプロフェッショナルで紹介されます。ケーキを作るパティシエだったのですが、57歳でショコラティエとして再出発。彼の経歴や年収、お店情報が知りたいところですね。アトピーの人でも食べられる体にいいチョコレートです!




三枝俊介 読み方は(さえぐさしゅんすけ)経歴、Twitter

1956年生まれ。
大阪府出身
大阪の名門ホテル「ホテルプラザ」で洋菓子界の重鎮、故・安井寿一氏に師事。
1991年 パティスリー「メランジュ本店」を大阪府吹田市にオープン。
(2017年「メランジュ」を「アルチザン パレドオール」にリニューアル)
1994年 リゾートカフェ「清里マチス」をオープン。
(2014年「清里マチス」を「アルチザン パレドオール」にリニューアル)
1996年 フランス・リヨンの名店「ベルナシオン」にて、故モーリス・ベルナシオン氏より直接ショコラだけでなくショコラティエとしてのフィロソフィーとエスプリを受け継ぎ、ショコラティエへの思いを強くする。
2004年 大阪西梅田に関西初の本格的ショコラ専門店として「ショコラティエ パレド オール OSAKA」をオープン。
2007年 東京丸の内に「ショコラティエ パレド オール TOKYO」をオープン。
TV東京系の「ソロモン流」やTBS「バース・デイ」など数々のTV、メディアで反響を呼び、 フランス・パリで行われた「サロン・デュ・ショコラ」にてセミナーを実施。
2014年 11月 ショコラティエ パレドオール10周年を迎え、今後の人生をチョコレートの追求の為に使う決意をし、カカオ豆からチョコレートまでの全工程を手掛けるBean to Bar工房を併設する「アルチザン パレドオール」を山梨県清里高原にオープン
2015年 1月 東京、青山に「アルチザン パレドオール青山店」をオープン。

三枝俊介の店舗はパレドオール

そんなこだわりの三枝さんが作るチョコレートを見たい!買いにいきたい!という人はショコラティエパレドオールというお店が丸の内、銀座と青山、大阪にあります。

開業は2004年で、年間10トン以上、50種類以上のクールベールチュールを扱っています。

多くの人にショコラの楽しさをお伝えする

のを使命とするお店です。

新丸ビルは東京駅から直結ですので、お土産に買いに行きやすいですね。

大阪は西梅田のハービスENTの中にあります。

アルチザン・パレド・オールはBean To Barスペシャル!

さらに、三枝さんのこだわりが2014年から開業させたのが、アルチザン・パレド・オールです。

これは残りの人生をショコラに賭けたい、という私の決意によるものです。

すごい。さすがです。食べたらわかります。

味の着地点を見定め、食の安全性にも留意した「チョコレートのプロによるショコラ作り」が行われていない現状を感じ、このプロジェクトをスタート致しました。

アルチザンというのはフランス語で職人という意味です。彼の思いが名前に込められていますね。

アルチザン・パレド・オールの清里工房では、Cafeもあり、ここでしか食べられないチョコアイスクリームもあります。

獺祭のチョコレートは通販である?

そしてかの有名な日本酒・獺祭とマリアージュしたボンボンショコラはいつも品薄ですが、通販でも手に入ります。




三枝俊介のショコラはアトピーでも大丈夫!!

ここからは私見です。もちろん、TVで特集されているような彼のすごい労力やこだわりがあってのことですが、アトピーで市販のお菓子をちょと食べるとかゆくなるような私がひと箱食べても大丈夫なんです!

いや、ひと箱食べたらやっぱりカロリーとか糖分とか結構な量になりますし、やはりお値段がすごいですし、やっぱり味わいたいですから、1つずつゆっくり食べてください。

しかし、成分を見ればわかります。カカオ豆と、必要なものしか使っていない。日本で売られているチョコレートのほとんどは、「植物油脂」と称したくちどけをごまかすための加工油脂が入っていて、これが曲者なのです!!!

このような製品を食べると、1分でアトピーの傷口から血が噴き出すほどかゆくなります。しかし、三枝さんのは大丈夫なのです!!
*ただし、個人差はあると思います。私は大丈夫でした。少量でまずはお試しください。

チョコレートやお菓子も食べさせてあげたいのに、アトピーで食べれない、、、そんなお子さんにも大丈夫かもしれません。なによりほんとにおいしいです!!

一押しはからだにおいしすぎるショコラ
生クリームやバターも使われていませんので、牛乳アレルギーやベジタリアンの人でも大丈夫です。(製品の原材料表示は事前にご自身で確認ください)

フランス・リヨンの巨匠 故ベルナション氏の薫陶を受けたシェフ三枝俊介がショコラの鮮度にこだわって作り上げています。『銀の円盤』を意味する「パレダルジャン」。ガナッシュに生クリームもバターも使わず、お茶の香りを生かしたショコラです。

SNSフォローボタン

フォローする

関連記事👇

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする