血糖値測定器のおすすめは針を使わない・痛くない。センサー込み最新価格は

糖尿病、糖質制限中、妊活中などにおすすめの血糖値測定器を探してみました。最新傾向としては、針なしで刺さなない・痛くないものが人気です。価格や購入・使用法について探してみました。

血糖値測定器がおすすめ・選び方

病院で血液検査をしなくても、手軽に自分で血糖値測定して健康管理ができるようになってきました。といっても多様なものが国内外のメーカーから発売されていますので、選び方からおすすめを考えてみました。

要件としては以下のようなものが挙げられます。

  • 痛くない
  • 血液の糖を測るわけですから多少刺すのは仕方ないかもしれません。しかし、毎回痛い思いをするようでは使いづらいです。

  • できれば針なしで刺さない
  • 刺さずに済むならそれが良いですが、これは価格や信頼性と相談です。

  • 続けられる使用法・価格であること
  • 簡単に使えて、できれば数値を本体で記録してくれるものが良いです。さらに、本体は安くてもセンサーが高額では健康管理程度の目的ではなかなか手が出ません。さらにセンサーは医療用機器のため、通販で変えないことが多いです。近所の薬局などで手に入るものを選ぶ必要があります。

    針を使わない血糖値測定器がおすすめ?

    血糖値測定というと、病院での血液検査や、自分で測定する場合もチクリと針を刺して出血したところで計測するものが想定されますが、最近では刺さない、もしくは刺してもほとんど痛くないという機器が増えています。

    血糖値測定器(針なし)Feestyleリブレ

    最近もっとも話題になっているのがこのFreestyle Libreという機種です。

    センサーを腕に取り付けっぱなしにして、血糖値を線で見ようというものです。お風呂屋シャワーの時もつけっぱなしです。ただ、センサーが本体と同じ7089円する上、2週間ごとに交換しなければならないので割高です。

    個人用と医師が保険適用で使用するProがあります。

    糖尿病の人が医師の指導の下に使用することで、センサー代などが保険適用されます。本体・センサーともに1万円前後しますので、糖尿病以外の人の利用には向きません。

    血糖値測定器(針なし)Ketto

    リブレのほか、KETTOという指を挟むだけで計測できるものが話題を集めていましたが、いまだ開発段階で、製品化はまだされていません。

    SNSフォローボタン

    フォローする

    関連記事👇

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする