亜樹直のワインがすごい。神の雫は姉・樹林ゆう子と共同制作で年収は

マツコの知らない世界で亜樹直(樹林伸)さんおススメの国産ワインが特集されます。お姉さんの樹林ゆう子さんと姉弟出演で、漫画・神の雫は共同制作です。樹林姉弟が勧める国産ワインとは?プロフィールやワイン購入方法について調べました。




飲酒といえばこちらの記事も読まれています。
https://yama-mori.info/news-tegoshi

亜樹直は『神の雫』の漫画家・樹林伸

亜樹直というのは、この姉弟の共同制作をするときに使うペンネームです。マツコの知らない世界紹介文でも、

1年でワインを800種類以上飲む亜樹あぎ直ただしさんご姉弟が登場!

となっています。

『神の雫』は彼らが原作を書いたワインを扱った作品で、オキモト・シュウさんによる繊細な作画も好評でした。一度44巻で完結しているのですが、最終章として続編が現在も連載中という大作で、お二人のワインに対する情熱が尽きないというのをよく表していますね。

この漫画により、一部のワインの価格が高騰し、出荷停止名なったり、韓国でもドラマ化が企画され、フランスでも絶さんされたりしています。

   

樹林伸(亜樹直)のプロフィール

名前 樹林伸(きばやし しん)
ペンネーム 亜樹 直(あぎ ただし)
安童 夕馬(あんどう ゆうま)
青樹 佑夜(あおき ゆうや)
天樹 征丸(あまぎ せいまる)
有森 丈時(ありもり じょうじ)
伊賀 大晃(いがの ひろあき)
龍門 諒(りゅうもん りょう)
S.K
職業 小説家、脚本家、漫画原作者
生まれ 1962年(55歳) 東京都
学歴 早稲田大学政治経済学部卒業
職歴 大学卒業後、講談社に入社。『週刊少年マガジン』の編集に携わった後、1999年に独立。主な作品は、『金田一少年の事件簿』(漫画原作)、『ドクター・ホワイト』、『ビット・トレーダー』(小説)『石川五右衛門』(脚本)など多数。講談社漫画賞少年部門受賞歴あり。

あの金田一少年も彼の作なんですね!

樹林ゆう子さんは樹林伸の姉。プロフィールは

名前 樹林ゆう子(きばやし ゆうこ)
生まれ 1958年(59歳) 東京都
ノンフィクション作家、漫画原作者
フリーランスライターとしての活動に加え、1990年代前半から弟、樹林伸と漫画の原作を執筆している。

主な著書は、『すぐやる課をつくった男─マツモトキヨシ伝』(小学館刊)、『病気になる人、ならない人、そして治る人』(小学館刊)ほか多数。

亜樹直と神の雫のおススメワインは

神の雫に登場したワインは人気急騰しました。

2人が神の雫を書くきっかけになり、人生を変えたとまで言える1本は、

  • DRCエシェゾー85年

だそうです。樹林伸さんの家でワインパーティーをしたときに開けたそうなので、それまでワインは数あるお酒のひとつにすぎなかったらしいのですが、

そのDRCエシェゾーを飲んだ瞬間、全身を雷で打たれたような衝撃を受けて、1本のワインの向こう側に、文化や歴史、人間、テロワールやいろいろなものがショートムービーのように駆け巡りました

と語っています。そこから2人のワイン探求が始まったのです。1本30万円近くしますね・・・・。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DRCエシェゾー 1985 a2

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DRCエシェゾー 1985
価格:268000円(税込、送料別) (2018/6/12時点)

価格:248000円(税込、送料別) (2018/6/12時点)

そののめりこみぶりは、

  • セラーを買いすぎて家族に反対される
  • 築50年の木造アパートにワイン部屋を借りる
  • ボトルを守るため、地震情報に5000円/月
  • 地震対策で、ワイン達を鉄筋コンクリート部屋に引っ越す

地震情報って無料じゃないの?月5000円で買えるんですね($・・)/~~~
2人がワインの感想を言い合っていると、感覚が一致していることに気が付いて、一緒に漫画にできるんじゃないか、となったみたいです。感覚を共有できるってすごいですね!

神の雫に出てくるワインの飲み比べセットです。

 

亜樹直さんの年収や自宅は

さて、そんなヒット作を売り続ける亜樹直さんですから、年収は相当なものでしょう。漫画の印税は売り上げの10%といわれていて、漫画家と原作者は話し合いにもよりますが、半分ずつぐらいにすることが多いようです。

神の雫は本編だけで、2014年に世界で累計1000万部を突破しており、今も増え続けています。1冊500円のうち、25円が亜樹直組の取り分だとしても、ここまでで2億5千万!!!!姉弟で割ったとしても相当なものです。これに加え、ほかの作品も売れてますからね。

年によって売れ行きは違うでしょうから、年収換算は難しいですね。ただ、豪邸に住んでおいでのようです。

http://media.yucasee.jp/posts/index/15317

価格は4億円が値下がりして3億弱で購入されたとか。場所は吉祥寺との話もあります。

亜樹直がマツコにおススメのワイン

お手頃順に紹介されています。

  • KERNER DRY 2007 by 山崎ワイナリー(北海道)
  • 尾崎豊にたとえられていました。

  • シャルドネ リザーブ2016 安心院葡萄酒工房(大分)
  • 3644円 Cheezaがおすすめのつまみですw。ぶっちゃけチーザだけあればなんとかなります。

  • ピノ・ノワール2009 ドメーヌ・ミエ・イケノ
  • 味の特性を出すのが最も難しいとされている品種をオーナーの池野さんがほぼ一人で作っています。
    3600円 出汁が半分まざっているようとなうまみとのこと。

    伊勢志摩サミットで首脳陣に

  • マリコ・ヴィンヤード・オムニス2012
  • メルシャンから、12500円

  • 登美ノーブルドール1990 サントリー
  • 貴腐菌が付着し、糖分が濃縮されたブドウで造る貴腐ワインです。メープルシロップのような色味ですね。

  • シャトーブリヤン 1962 by 甲府のサドヤ
  • 54000円。フランスからワイン専用品種のブドウを取り寄せた老舗。
    エロ爺のような味だそうです。つまみは99%カカオのリンツチョコレートがつまみです。
    どちらもポリフェノールを含んでいるから合うそうです。

    ヴィンテージの異なるものですが商品リンク載せておきます。

    さて、国産はここまでです。
    フランスの歴史的ワイン。
    ワインの歴史に欠かせないアンリ・ジャイエの

  • クロ・パラントゥー 1978 200万円
  • が最後に紹介されていました。飲んだ瞬間、うぉー、と叫ぶほどです。匂いから最後の余韻までどこにも落ち度がないそうです。
    これはもはや手に入るレベルではありません。お二人はつてを使って入手されたそうです。飲み会に持ってきたくらいな感じでしたが。ワイン専門レストランで聞いてみるか、オークションで探すか・・・。




    SNSフォローボタン

    フォローする

    関連記事👇

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする